スポーツ吹矢とは

・日本スポーツ吹矢協会について ・スポーツ吹矢について ・吹矢と健康 ・吹矢の基本 ・スポーツ吹矢の用具    


★日本スポーツ吹矢協会について

名称:一般社団法人 日本スポーツ吹矢協会 (英文名:Japan Sports Fukiya Association)

設立:1998年(平成10年)04月01日(同年04月22日の設立総会で正式発表)

理事長:中村 一磨呂

会員数:会員数 53,000人、支部数 国内1,196支部(海外8支部) (2017年5月末)

目的:この法人は、我が国におけるスポーツ吹矢界を代表し、当該競技の普及及び振興を図り、国民の健康増進、スポーツの振興に寄与することを目的とする。


★スポーツ吹矢について

<健康を目的とした新しい国民的スポーツ>

 スポーツ吹矢は、5~10m離れた円形の的をめがけて息を使って矢を放ち、

その得点を競うスポーツです。性別・年齢問わず誰でも手軽にでき、ゲーム感覚で楽しみながら健康になれるスポーツとして注目されています。

 健康効果の秘訣は、腹式呼吸をベースにしたスポーツ吹矢式呼吸法です。

精神集中や血行促進、細胞の活性化に役立ち、内臓の諸器官にもよい影響を与えます。

 また精神力・集中力が身に付きます。

 競技では1ラウンド(3分以内)に5本の矢を吹いて、

規定によるラウンドを競技し、その合計点を競います。 

 的は中心の白い部分が7点、その外側の赤い部分が5点、

その外側の白い部分が3点、さらに外側の黒い部分が1点です。

(2008年(平成20年)07月01日付 改訂)

 

 一般社団法人日本スポーツ吹矢協会では競技大会の開催のほか、

段位・級位の認定も行っています。

<スポーツ吹矢の魅力と健康効果>

 ①「誰でも」性別、年齢問わず楽しめます

 ②「いつでも」「どこでも」「手軽に」できます

 ③ゲーム感覚で楽しみながらできるスポーツです

 ④スポーツ吹矢式呼吸法による様々な健康効果

 ⑤精神力&集中力を高めます

 ⑥様々な世代とのふれあいや仲間づくり

 ⑦実力認定や競技会参加による目標ややりがい

級・段 距離 実施回数 得点 基本動作得点 審査までの期間
5級 5m 2回 42点以上 -

昇級後、1ヵ月以上の期間を

経て順次審査

4級 5m 2回 46点以上 -
3級 5m 2回 50点以上 -
2級 6m 3回 75点以上 -
1級 7m 4回 100点以上 -
初段 8m 4回 100点以上 正しい基本動作

初段合格後は6ヵ月以上の期間を経て

順次審査を受けることができる

二段 9m 6回 150点以上 正しい基本動作
三段 10m 6回 150点以上 32点以上/40点
四段 10m 6回 162点以上 32点以上/40点
五段 10m 6回 174点以上 35点以上/40点

六段

10m 6回 186点以上 35点以上/40点 2年以上五段を維持する

試験に合格した上、受験できる。

※2017/04/01(土)から、三段以上を受験する場合、基本動作得点が加わりました。

 

ダウンロード
20170401_基本動作審査票.pdf
PDFファイル 107.6 KB
ダウンロード
20170401_基本動作審査時の判断基準.pdf
PDFファイル 68.5 KB
--2018/04/01(日)から施行--
級・段 距離 実施回数 得点

基本動作得点

審査までの期間

七段

10m 6回 198点以上 37点以上/40点 ・六段合格後1年で受験可。

・年1回7月に、協会本部で開催。

・実技試験合格後、学科試験と

面談を実施。

・実技試験(基本動作含)合格後、

学科試験不合格の場合は、実技試験

1回のみ免除。但し、有効期間1年。

・受験料5,000円  認定料50,000円


★吹矢と健康

<腹式呼吸と胸式呼吸で、健やかなカラダをつくろう>

 気功やヨガは「腹式呼吸」、テニスやゴルフなどの

一般スポーツは「胸式呼吸」です。

 どちらの呼吸法も健康に大切。スポーツ吹矢では

ゆっくりとした一連の動作のなかで、腹式と胸式の

両方を用います。これが「スポーツ吹矢式呼吸法」

 静かなエクササイズと呼ばれるゆえんです。

<カラダもココロも快調になる~スポーツ吹矢式呼吸法の健康効果>

 1.延髄を刺激してコンディション良好

  スポーツ吹矢では大きく息を吸い込みます。

  その指令が大脳から延髄の呼吸中枢に送られるため延髄が活性化。

  不眠症や体調の改善につながります。

 2.息を思いきり吸うから胸筋が強化される

  胸筋と胸式呼吸力が強化され、喘息などに効果的です。

 3.腹式呼吸で腹筋力アップ

  矢を吹くとき思いきり息を吐き出すため、瞬間的に腹筋を強く使います。

 4.腹式・胸式呼吸でカラダの隅々まで酸素を届ける

  強い胸式・腹式呼吸力によって肺の深部まで酸素を送りこむため、

  カラダの隅々までリフレッシュできます。

 5.血液循環がよくなり内臓を活性化

  矢を吹くには、強く息を吐き出し腹筋を使って一瞬息を止めます。

  このときお腹全体に腹圧がかかって、内臓に停滞している

  古い血液を送り出し新しい血液が送り込まれるため、内臓器官が活性化されます。

 6.腸を刺激し働きを活発に

  一気に息を吐き出す過程で腸にも大きな刺激を与えるため、

  腸の働きが活発になり、便秘や食欲不振の解消に期待できます。

 7.命中率を高めることから集中力アップ

  基本動作を正しく行い命中率を高めようとすれば、雑念を排除し、

  集中力を高める効果があります。

 8.命中すれば爽快、ストレス解消に

  矢が的に命中したときは、いうまでもなく心地よい爽快感に満たされます。

  ストレス解消にも効果的です。


★吹矢の基本

<スポーツ吹矢式呼吸法を学ぶ>

 スポーツ吹矢は健康を目的としたスポーツです。その源は腹式呼吸を取り入れた

「スポーツ吹矢式呼吸法」にあります。

 「スポーツ吹矢式呼吸法」を最大限に行うための動作が「基本動作」であり、

スポーツ吹矢の実技の根幹を成す「型(かた)」です。

 この中に健康に向かっての「心技練磨(しんぎれんま)」があり、

極意があると言っても過言ではありません。

 基本動作は「礼に始まり礼に終わる」一連の動作です。

この動作が美しい形を作り、深い呼吸をもたらし、集中力を高めて体に活力をもたらすのです。「基本動作」を通じてスポーツ吹矢の型とスポーツ吹矢式呼吸法を学んでください。

 なお、体が不自由な方が基本動作を行う場合には、障害の程度により、

公認指導員が適切なアドバイスを行うようにします。

<基本動作>

スポーツ吹矢の基本動作は次の通りです。

1 礼をする---的に向かい一礼します

2 構える---足を肩幅に開いて構え、矢を筒に入れます

3 筒を上げる---両腕で筒を高く上げながら、鼻から息を吸います

4 息を吐く---筒をゆっくり下げながら、口から息を吐ききります

5 息を吸う---的を見て息を吸いながら、筒を的に向けます

6 吹く---いっきに吹きます

7 息を調える---呼吸を調えます

8 礼をする---的に向かい一礼します

 以上、一連の基本動作を正しく行うことによって集中力が高まり、

深い腹式呼吸ができて、心と体に素晴らしい効果がもたらされるのです。


★スポーツ吹矢の用具

●筒

長さ120cm・内径13mmの筒で、グラスファイバーや

カーボン樹脂製です。

 

●矢

長さ20cmで、先端は金属製の矢、胴はビニールフィルム製です。

 

●的

的シールを貼る台です。大きさは約330mmで

発泡ポリエチレン製です。

●的シール

紙製のシールで、円心から3cm・6cm・9cm・12cmの同心円が

プリントされています。

 

入門セット

ビギナー向けには便利な入門セットがあります。

入門セットは[筒・矢・的・的シール(10枚)・筒ケース

・パイプクリーナー・矢入れホルダー・矢抜き・レッスンビデオ

・スポーツ吹矢の手引き(冊子)]がセットされています。

 

 

○用具に関しては、(一社)日本スポーツ吹矢協会 公認用具販売「ビックサクセス」へ

URL http://www.big-success.jp/

E-Mail info@big-success.jp へお問合せをお願いします。

協会HP抜粋