★会長の言葉


♦2019年(H31)

2019年安井愛知県スポーツウエルネス吹矢協会会長の年頭挨拶

 明けましておめでとうございます。

 昨年も多くの会員各位に支えられ吹矢を楽しむ方・吹矢が楽しめる場所が拡大している事は

大変うれしく、会員1人、1人が吹矢を楽しんで見えるからだと確信しています。

(会員2,300名・支部数61支部)

 今年は4月から競技名称を「スポーツウエルネス吹矢」と改称し、一層の発展・普及を期す事に

なりました。中村理事長は「日本そして世界を健康に」との趣旨の元、本格的に国際的な

スポーツ団体を目指し、あえて「ウエルネス(健康)」を加え多くの人達に、名称からも

読み取れる新時代にふさわしいスポーツへと飛躍して行きたい。又、本協会の理念である、

心身の健康のみならず生活の質の向上・生きがいの創造など多元的な健康観である、

ウエルネスを追求するとの決意を込めて「スポーツウエルネス吹矢」と命名したと

述べられています。

 今年のテーマである「健康力」「絆力」「呼吸力」を念頭に、

1人1人がスポーツウエルネス吹矢を楽しむ事により、健康に仲間との絆を強くして、楽しく、

有意義な日々が送れる様に、精進される事を切に希望します。


★愛知県スポーツウエルネス吹矢協会 安井会長の挨拶

 愛知県スポーツウエルネス吹矢協会のHPへようこそ。

 私のスポーツウエルネス吹矢を始めたきっかけについてお話しし、何か始めたいけど、

さて何が出来るんだろうと、お考えのあなたの一助になれば幸いです。

 仕事で行き詰まり、体も心も一杯だった時、新聞でスポーツウエルネス吹矢に出会いました。

幸い近くに支部があり、早速体験に伺い、初めて吹矢を吹いた時の爽快感は

今でも忘れられません。

 静寂の中で聞こえるビッシと矢が刺さる音、適度な緊張感、

夢中で吹矢を吹いていました。

こんなに集中したのは久しぶりでした。心が癒されいくのが実感が出来たのです。

 スポーツウエルネス吹矢を続ける内、持病の高血圧、糖尿病が少しずつ改善して来たのです。

不思議でしたが、よく考えてみるとストレスの解消、腹式呼吸を取り入れた

スポーツウエルネス吹矢ではないかと思いました。

それ以外、何も変わっていないのですから・・・・・

 退職後、自分の居場所作り、健康のためにスポーツウエルネス吹矢を続けたくて

愛知県スポーツウエルネス吹矢協会を、立ち上げましたが、是非皆様にも

スポーツウエルネ吹矢を体験頂き、健康作り、仲間作りにお役立て頂きたいと思います。

 このHPには愛知県スポーツウエルネス吹矢協会の行事、日程のほか各地域支部、

教室が確認出来ます。

是非、このHPをお気に入りに登録頂き、あなたの実り豊かな人生の一つに

加えて頂きます様に、お願い申し上げます。

愛知県スポーツウエルネス吹矢協会会長 安井 哲雄


★熟年世代へのスポーツウエルネス吹矢体験会・告知を進めたい

 安城翼の松崎夏代さんのエッセイが、安城市老人クラブ連合会会報に掲載され、

友人を中心に大きな反応がある様で、8/17(既に終了)安城スポーツ推進員と

コラボによる地域貢献として、スポーツウエルネス吹矢5回目に7名もの方が

参加予定されている。

 また安城市佐野福祉センターとのコラボも進んでおり、熟年世代への体験機会・告知を

進めて行きたいと思っています。

 エッセイと、佐野センターの講座概要を下記に示します。

ダウンロード
エッセイ
img031.jpg
JPEGファイル 1.2 MB
ダウンロード
講座概要
img032.jpg
JPEGファイル 888.6 KB